ら行のこれまでにきいたCD(洋楽)

タイトル 曲目
Fire Down Under
RIOT(1981)
 1. SWORDS AND TEQUILA
 2. FIRE DOWN UNDER
 3. FEEL THE SAME
 4. OUTLAW
 5. DON'T BRING ME DOWN
 6. DON'T HOLD BACK
 7. ALTAR OF THE KING
 8. NO LIES
 9. RUN FOR YOUR LIFE
10. FLASHBACKS
11. STRUCK BY LIGHTNING 
12. MISTY MORNING RAIN 
13. YOU'RE ALL I NEEDED TONIGHT 
14. ONE STEP CLOSER 
15. HOT LIFE 
アメリカのハードロックバンド、ライオットの1981年のアルバムです。
マーク・リアリというギタリストのバンドです。
ボーカルが初代のガイ・スペランザの時代のアルバムです。
代表曲である4を含む当時アメリカでトップテンに入った作品です。
ここまでの内容を知ってた人はかなりすごいと思う。
日本ではあまりメジャーじゃないがアメリカではこの当時はかなり売れていました。
今でも活動は続けてます。ボーカルはどんどん変わるが。。
このアルバムは初期の作品だけあって勢いがあります。
とてもいい作品です。でもあんまり売ってない。(日本版はないのでは。。)
ようやく1997年に復刻されました。(それまで廃盤だった)
Restless Breed
RIOT(1982)
 1.Hard Lovin' Man
 2.CIA
 3.Restless Breed
 4.When I Was Young
 5.Loanshark
 6.Loved By You
 7.Over To You
 8.Showdown
 9.Dream Away
10.Violent Crimes
ライオットの1982年の作品です。
ボーカルがレット・フォレスターという人に変わっています。
前のボーカリストがライオットというイメージが強かったせいか
それとも彼の力量不足かどちらかはわかりませんがいまいちの出来です。
音楽も何となく勢いがないような。。
このアルバムは1999年にようやく復刻されました。
Riot in Japan - Live !!
RIOT
(1992)
1.Minutes To Showtime (spoken)
2.On Your Knees...In Tokyo!
3.Metal Soldiers
4.Runaway
5.Tokyo Rose...In Osaka!
6.Rock City
7.Outlaw
8.Killer
9.Skin&Bones Part1
10.Skin&Bones Part2
11.Johnny's Back...In Tokyo!
12.Flight Of The Warrior
13.Ladies And Gentlemen...Mark Reale
14.Japan Cakes
15.Narita
16.Warrior
17.The Dressing Room/
  The Encore Begins...In Tokyo!
18.Smoke On The Water...In New York!
「THUNDERSTEEL」「THE PRIVILEGE OF POWER」という
2枚のアルバムを残したトニー・ムーアがボーカル時代の
ライオットの日本公演のライブアルバムである。
彼のボーカルは良く言うと超ハイトーンボーカルであり
悪く言うとキンキンとうるさいボーカルである。
しかし名曲「THUNDERSTEEL」は彼無しには生まれなかったし
個人的には好きなボーカルであった。
この名曲がこのアルバムに入っていないのは残念だが
昔の代表曲から今の曲まで網羅されているのはうれしい。
18はディープ・パープルのカバーでありスタジオ録音である。
次のアルバムでもパープルをカバーしているところから
彼らはとてもパープルが好きだということがよく分かる。
(かなりパクってるような気もするが。。) '99.9.12
RIOT STAR BOX
RIOT
(1993)
1.WARRIOR
2.49ER
3.OVERDRIVE
4.KICK DOWN THE WALL
5.TOKYO ROSE
6.ROAD RACIN'
7.NARITA
8.FLIGHT OF THE WARRIOR
9.METAL SOLDIERS
10.RUNAWAY
11.JOHNNY'S BACK
12.SIGN OF THE CRIMSON STORM
13.KILLER
14.STORMING THE GATES OF HELL
15.BLOODSTREETS
16.THUNDERSTEEL
ライオットのベストアルバムである。
ボーカルの変遷をみるとガイ・スペランザ時代が1〜7
レット・フォリスター時代は収録されていないのは
契約の関係だそうだが、イマイチなので収録しなくてよかった。
トニー・ムーア時代が8〜16
現在のマイク・ディメオ時代も収録されていないのは
このベストが出た時にまだ一枚しかアルバムが出てなかった。
つまり最も良かったガイ時代と復活のトニー時代という良い時代だけが収録されている。
これはかなり良い選曲なので聞くべきだとおもう。
ちなみに1は当時に日本のアイドルが「バイ・バイ・ボーイ」
というさぶいタイトルでカバーしていたらしい。。 '99.12.20
Last Autumn's Dream
(2003)
1. AGAIN & AGAIN
2. PICTURES OF LOVE
3. GUARDIAN ANGEL
4. BREAK THE CHAINS
 (OF DESTINY)
5. BLINK OF THE EYE
6. TALK TO ME
7. THE ONE
8. I NEVER LET YOU GO
9. HIGH UP
10. MOVIN' ON
11. GOING HOME
フェア・ウォーニングのGであったアンディ・マレツェクと
ミカエル・アーランドソン(Vo)によるニューバンドの1stアルバムである。
さすがフェア・ウォーニングのメンバーだっただけある
高水準の曲がどんどん流れるので、すごく聞きやすいです。
Voは全く知らなかったんですが、哀愁のある曲を歌わせるとピカイチ(死語?)です。
ただ、どの曲も耳心地が良いのですが、僕にはある意味で
歌謡曲を聴いている感覚と一緒で物足りない気がします。
もっとハードなのを求めているので。。
リズム隊もEUROPEのメンバーで超豪華でしたが、
その後にEUROPEが再結成されたためメンバーチェンジして、
現在はTALISMANのマルセル・ヤコブがBで参加しているそうです。
2ndの方が聞いてみたい。 '05.2.6
BLACK IN MIND
RAGE

1.Black In Mind
2.The Crawling Chaos
3.Alive But Dead
4.Sent By The Devil
5.Shadow Out Of Time
6.A Spider's Web
7.In A Nameless Time
8.The Icecold Hand Of Destiny
9.Forever
10.Until I Die
11.My Rage
12.The Price Of War
13.Start!
14.All This Time
レイジといってもレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンではないです。
ドイツのハードロックバンド、いわゆるジャーマンメタルです。
RAGEの10年記念アルバム発売後初のアルバムである。
メンバーチェンジしてからこのバンドはかなりヘビーな曲を
作るようになったと思うのですが、
このアルバムでかなりその方向が見えてきて、
次のアルバム「END OF ALL DAYS」で開花したと思います。
6がとても気に入っています。 '99.10.21
DIFFICULT TO CURE
Rainbow
(1981)
1.I SURRENDER
2.SPOTLIGHT KID
3.NO RELEASE
4.MAGIC
5.VIELLEICHT DAS NACHSTER ZEIT
 (MAYBE NEXT TIME)
6.CAN'T HAPPEN HERE
7.FREEDOM FIGHTER
8.MIDTOWN TUNNEL VISION
9.DIFFICULT TO CURE
レインボーの三代目ボーカリスト、ジョーリン・ターナーの加入一作目のアルバムである。
全体として明らかにキャッチーな曲が占めている。
2や6といったポップな感じの曲も大好きであるが初期の頃の
ハードな曲も入っていてほしかった。
ディオやグラハム・ボネットというこれまでのボーカリストと比べて
やや力量不足な気がはじめはしたが、聞いていくとなかなか味がでてきて良い感じがします。
ジャケットの医師が結構不気味である。 '00.7.13
DOWN TO GRAHAM
Rainbow
(1992)
1.EYE OF THE WORLD
2.LOVE'S NO FRIEND
3.SINCE YOU'VE BEEN GONE
4.MAN OF THE SILVER MOUNTAIN
5.CATCH THE RAINBOW
6.DRUMS SOLO BY COZY POWEL
7.ALL NIGHT LONG
8.WILL YOU STILL LOVE ME
9.LONG LIVE ROCK'N ROLL
10.KILL THE KING
ジャケットには「LIVE AT BUDOKAN 1980」と書いてあるので
きっと1980年の武道館ライブの模様を収めたCDだとおもう。
もちろんブートレックである。
この時のボーカルはグラハム・ホネットで、歌はうまいが
ファッションセンスは最悪という人であった(笑)。
たいていグラサンをかけていて、まるでチンピラのようであった。
このアルバムのいいところはやはり事故で亡くなった
孤高のドラマー、コージー・パウエルのドラミングが聞けることであろう(ソロまである)。
リッチーのバンドなのにギターソロがなくドラムソロがあるところがすごいと思う。 '99.12.15
STRANGER IN US ALL
Rainbow
(1995)
1.Wolf to the Moon
2.Cold Hearted Woman
3.Hunting Humans [Insatiable]
4.Stand and Fight
5.Ariel
6.Too Late for Tears
7.Black Masquerade
8.Silence
9.Ball of the Mountain King
10.Still I'm Sad
11.Emotional Crime
リッチー・ブラックモアが1983年に出した「BENT OUT OF SHAPE」
以来、活動を停止していたレインボーの復活アルバムである。
いまいちなバンドになってしまっているディープ・パープルを
脱退し、出したアルバムだけに期待がかなり強かった。
しかし、期待を裏切る事のないすばらしいアルバムである。
アルバムの始まりである1やギターソロがかっこいい7は最高の出来である。
アルバム発売直後の来日公演も最高のライブでした。
このアルバムでもライブでも婚約者が参加していたのですが
気が付くとリッチーはバンドをやめてしまい、
婚約者と2人でブラックモアズナイトという中世的な音楽をはじめてしまった。。
せっかく往年の輝きを取り戻していたのに。。 '99.10.13
untitled
THE REMBRANDTS
(1992)
1.Johnny Have You Seen Her?
2.Maybe Tomorrow
3.Rollin' Down The Hill
4.One Horse Town
5.Sweet Virginia
6.Chase The Clouds Away
7.Hang On To Forever
8.Hang On, Clementine!
9.Waiting To Be Opened
10.I'll Come Callin'
11.Deepest End, The
12.In The Back Of Your Mind
僕の好きなコーラスデュオ、レンブランツの2ndです。
ずっとほしかったアルバムでようやく買いました。
いままで4枚ほどアルバムを出しているのですが
個人的にこのアルバムと1stが気に入っています。
ちょっと前に一人脱退したという噂を聞いてすげー残念です。
Get Heavy
Lordi(2002)
1. Scarctic Circle Gathering
2. Get Heavy
3. Devil Is A Loser
4. Rock The Hell Outta You
5. Would You Love A Monsterman?
6. Icon Of Dominance
7. Not The Nicest Guy
8. Hellbender Turbulence
9. Biomechanic Man
10. Last Kiss Goodbye
11. Dynamite Tonite
12. Monster Monster
13. 13
日本でも3rdアルバムが発売されたローディの1stです。
フィンランド出身のバンドで、KISSファンクラブのフィンランド支部会長だった
Mr.ローディが結成、コスチュームを自らデザインしたモンスタースタイルが
おどろおどろしいですが、音楽は非常にいいです。
格好からデスメタルバンドかと思いきや聴きやすいロックとローディのだみ声が
妙にマッチしています。
KISSがあのメイクですごく聴きやすい音楽をしていたというのに近い気がします。
実際KISSのファンだっただけに音楽的にも影響を受けていることは確かだと思います。
このアルバムしか聴いてないのですが、はっきり言って全曲良い!です。
最近聴いたアルバムの中で一番です。ちなみに僕が特に好きなのは9です。 '07.2.25


Homeへ

Musicのページへ


inserted by FC2 system