か行のCD(洋楽)

タイトル 曲目
COLOUR BY
NUMBERS
CULTURE CLUB
(1983)
1.KARMA CHAMELEON
2.IT'S A MIRACLE
3.BLACK MONEY
4.CHANGING EVERY DAY
5.THAT'S THE WAY
(I'm Only Trying To Help You)
6.TIME (Clock of The Heart)
7.CHURCH OF THE POISON MIND
8.MISS ME BLIND
9.MISTER MAN
10.STORMKEEPER
11.VICTIMS
ボーイ・ジョージがボーカルのカルチャークラブの2nd。
ポップスの歴史に残るようなすばらしいアルバムである。
実際にほとんどの曲がシングルになってヒットしているように
どの曲もシングルにして通用するレベルである。
彼らの代表曲である1もいいが、個人的には11がおすすめ
である。これほどの名バラードも少ないんじゃないかな。
このアルバムによって一躍有名になったため、
次の作品に大きなプレッシャーがかかったんでしょう。。 '00.1.24
WAKING UP WITH
THE HOUSE ON FIRE
CULTURE CLUB
(1984)
1.DANGEROUS MAN
2.THE WAR SONG
3.UNFORTUNATE THING
4.CRIME TIME
5.MISTAKE NO.3
6.THE DIVE
7.THE MEDAL SONG
8.DON'T TALK ABOUT IT
9.MANNEQUIN
10.HELLO GOODBYE
世界的大ヒットを記録した「COLOUR BY NUMBERS」の次のアルバムである。
大ヒットのあとのアルバムという事で相当のプレッシャーがあったのではないでしょうか。
そのためか多くの実験的な試みがみられるが、
結果としては成功にはつながらなかったようである。
個人的には前半の曲は前作とは違った味わいがあると思う
2は子供向けの曲のような音楽であるが歌詞の内容は戦争反対を歌っている。
最後のほうでは日本語で「戦争反対」とボーイが歌っていてかなりびっくりした。
ジャケットのインドのヨガちっくなジャケットはなんだろう。。 '00.1.31
BLAST FROM THE PAST
GAMMA RAY
(2000)
CD1
1.Welcome
2.Lust For Life
3.Heaven Can Wait
4.Heading For Tomorrow
5.Changes
6.Rich & Famous
7.One With The World
8.Dream Healer
9.Tribute To The Past
10.Last Before The Storm
11.Heal Me
CD2
1.Rebellion In Dreamland
2.Man On A Mission
3.Land Of The Free
4.The Silence
5.Beyond The Black Hole
6.Somewhere Out In Space
7.Vally Of The Kings
8.Anywhere In The Galaxy
9.Send Me A Sign
10.Armagedon
ハロウィンからの脱退と自らのバンド結成、そしてボーカルの脱退
と自らボーカルをとることになるという、大きな変革を繰り返して
きたカイ・ハンセンのバンド、ガンマレイ初のベストアルバムです。
初めの頃のアルバムはラルフ・シーパーズがボーカルだった
ので、今回のアルバムはその頃の曲はカイがボーカルでとりなおし、アレンジを加えている。
ボーカル交代があった頃は、大変違和感のある声であったが
ずっと聞いているとだんだんよく聞こえてくるのは、彼がうまく
なったこともそうだが、なんとなく味のある声である。
選曲もすべてのアルバムのよい曲をうまくチョイスしたすばらしいものです。 '01.7.27
Majestic
Gamma Ray
(2005)
1. My Temple
2. Fight
3. Strange World
4. Hell Is Thy Home
5. Blood Religion
6. Condemned To Hell
7. Spiritual Dictator
8. Majesty
9. How Long
10. Revelation
11.Hellfire
約4年ぶりに発表された8枚目のアルバム。
相変わらずの気合いの入ったメロディは良いのですが
これ!という極めつけの曲がないのも相変わらずです。
2はすごくガンマ・レイらしい曲ではあります。
なんで1は途中にBlack Sabbathの「Sabbath Bloody
Sabbath」が挿入されているのかよく分からなかったです。
6の分かり易いサビが結構好きです。
最後に、もうそろそろVo入れてもいいんじゃないですか。 '05.12.7
ROCK AND ROLL OVER
KISS
(1976)
1.I WANT YOU
2.TAKE ME
3.CALLING DR. LOVE
4.LADIES ROOM
5.BABY DRIVER
6.LOVE 'EM AND LEAVE 'EM
7.MR. SPEED
8.SEE YOU IN YOUR DREAMS
9.HARD LUCK WOMAN
10.MAKIN' LOVE
奇抜な衣装が特徴的なバンド、キッスのアルバム。
衣装とパフォーマンスとは裏腹なポップでキャッチーな曲がとても好きです。
絶好調だったころのアルバムで勢いがあります。
名バラードと呼ばれている「BETH」ではないのですが
同じくドラマーのピーター・クリスが歌う9は名曲だと思う。
ジャケットもとてもいいです。 '00.3.13
KYUNG-HO KIM 03
KYUNG-HO KIM
(1998)
1.Shout(Shout)
2.夢を探しに行こう(クムル チャジャ トナ)
3.離愁(イス)
4.最後に呼ぶ名前
 (マジマク ブルン イルム)
5.良心宣言(ヤンシム ソノン)
6.未完の愛:彼女は手紙を
 受け取ったか(ミワンネ サラン)
7.永遠の城:悲しい魂のアリアU
 (ヨンウォンネ ソン)
8.Exodus(Exodus)
9.ベスビウス(ベスビウス)
10.わが愛、天上にても
 (ナエ サラン チョンサンゲソド)
11.Higher To The Top
 (Higher To The Top)
韓国のハードロックアーティスト、キョン・ホー・キムの3rdです。
4枚目を聞いた後に聞いたからかもしれませんが
ハードな曲が若干4枚目より少ない気がしました。
しかし、気に入ったことは確かです。
韓国にもすばらしいボーカリストがいるということをこの人から知りました。
(韓国でテレビを見ていたらアイドルとかラップっぽいのしか音楽番組に出ていなかった。。)
日本でもVirginメガストアとかタワーレコードだったら
売ってるかもしれないので見つけたらゲットだ! '99.12.9
KYUNG-HO KIM W
KYUNG-HO KIM
(1999)
1.For 2000 AD(For 2000 AD)
2.ポリョ!:っちまえ!(ポリョ!)
3.火印(ファイン/火印)
4.別離(わかれ)よりも悲しい愛
 (イビョルポダスルプンサラン)
5.1092:love(1092)
6.NON−STOP(NON-STOP)
7.ぼくの愛がきみを呼ぶとき
 (ネクリウムノルプルルテ)
8.かなえられない愛
 (イルルスオンヌンサラン)
9.ネゲロワ:Come To Me
 (ネゲロワ)
10.非情(ピジョン/非情)
11.ROCK'N ROLL(ROCK'N ROLL)
12.美しい愛を分かちあう日まで
 :禁じられた愛U
韓国で買ってきた韓国で最も有名なハードロックアーティストキョン・ホー・キムの4thである。
はっきりいって全く期待してなかったのですが聞いてみてびっくり、これがかっこいいんです。
歌詞及びタイトルは韓国語なのでちんぷんかんぷんですが
曲や声(4オクターブでるハイトーンボイス)が良いです。
韓国で最も売れた曲は12のバラードですが
2と11はすごくハードな曲でめっさかっこよいです。11は少しモトリー・クルーの曲に似てましたが。。
※()の中の曲目は韓国語タイトルです '99.9.12
A Night At The Opera
QUEEN
(1975)
1.Death on Two Legs
2.Lazing On A Sunday Afternoon
3.I'm In Love With My Car
4.You're My Best Friend
5.'39
6.Sweet Lady
7.Seaside Rendezvous
8.The Prophet's Song
9.Love Of My Life
10.Good Company
11.Bohemian Rhapsody
12.God Save The Queen
僕が洋楽を聞くきっかけになったのはクイーンでした。
そしてクイーンで最もよく出来たアルバムはこれだと思います。
有名な11は壮大なスケール感がありオペラのようでもある。
シンプルな5や名バラードの9などいい曲が目白押しである。
3ではロジャー・テイラーのしゃがれたロックボーカルも聞くことができる。
ただ8は長いだけでいまいちな気がする。
でもこの曲を除くとすごく短い曲ばっかのアルバムになってしまうけれど。。 '00.4.18
News Of The World/
Queen
(1977)
1.We Will Rock You
2.We Are The Champions
3.Sheer Heart Attack
4.All Dead, All Dead
5.Spread Your Wings
6.Fight From The Inside
7.Get Down, Make Love
8.Sleeping On The Sidewalk
9.Who Needs You
10.It's Late
11.My Melancholy Blues
最近ドラマ「プライド」の影響で人気が再燃しているクイーンの6作目のアルバムである。
僕が洋楽を聴くきっかけをもらったのがクイーンだったので、彼らの曲を聴くたび懐かしくて仕方ないです。
このアルバムは言わずと知れた名曲1、2から始まり、僕が大好きな疾走感あふれる3、
ロジャーのソングライティング力に驚いた5など聞き所が盛りだくさんです。
発売当時はパンクが台頭してきた時代だったためにかなりマスコミに叩かれたらしいですが、
いまだに人々を魅了し続けていることが、当時のマスコミの間違っていたことを証明していると思います。
ジャケットに描かれたメンバーの絵があまりに似ていないのも笑えます。 '04.3.11
WILD FRONTIER
GARY MOORE
(1987)
1.OVER THE HILLS AND FAR AWAY
2.WILD FRONTIER
3.TAKE A LITTLE TIME
4.THE LONER
5.WILD FRONTIER
6.FRIDAY ON MY MIND
7.STRANGERS IN THE DARKNESS
8.THUNDER RISING
9.JOHNNY BOY
10.OWER THE HILLS AND FAR AWAY
11.CRYING IN THE SHADOWS
シン・リジィのフィル・ライノットの死後、はじめて出されたゲイリー・ムーアのアルバムである。
この作品はフィルに捧げたアルバムである。
現在は完全にブルースギタリストになってしまった彼だがこの当時はハードロックをしてました。
アイルランド出身といいうことでこのアルバムはアイルランド民謡を取り入れた曲作りがなされている。
そして鳴きのギターが炸裂している。ポップス色の強い2がすごくお気に入りである。
3もすごくかっこいいです。ゲイリーこのころに戻ってくれ〜 '00.7.11



Homeへ

Musicのページへ

inserted by FC2 system