国立屋内総合競技場(国立代々木競技場)
丹下健三+都市・建築設計研究所 東京都渋谷区 Docomomo100
National Gymnasiums for Tokyo Olympics
Kenzo Tange Associates/Tokyo




1964年に開催された東京オリンピックのためにつくられた大小二つの体育館である。
主体育館の鉄板で覆われた大屋根は準吊構造という世界的にも珍しい構造で、
外側の低層部分から一気に中央部の頂点まで伸び上がる曲線が非常に美しいです。
建物に近づいていくと外に飛び出すような外壁が特徴的ですが、
これも吊構造による構造的必然性から生まれた形態だそうです。
内部には入ったことがないですが、写真で見ていると
求心性の強い天井になっていて教会建築っぽい神々しさを感じました。
まさしく丹下さんの代表作であり、この建物により世界の丹下になったのも頷けます。
近づいて撮った写真が見あたらないので遠景だけですみません。 '04.11.26
(追記)近くからの写真も追加しました。 '09.10.27


web拍手 by FC2


Homeへ

Architectureのページへ



























































inserted by FC2 system