東京日仏学院
坂倉準三建築研究所 東京都新宿区
L'institut Franco-Japonai, Tokyo
Junzo Sakakura Architect & Associates/Tokyo


 



市谷の江戸外堀跡から少し上った場所に建てられた日本とフランスの文化交流や
情報発信等を目的としてつくられたフランス政府の公式機関である。
ここはフランス語学校の機能もあり、同じくフランス語学校である「アテネ・フランセ」の
設計者である吉阪隆正と同様、ここもコルビジェの元で学んだ坂倉順三が設計しているのは
興味深いです。
高い擁壁の上に建つ白い建物であり、スラブが青いキノコ型の柱で支えられた面白い外観をしています。
内部空間で特徴的なのは1階から3階まで直通の二重螺旋階段で、一つはトップライトからの
光を受けるメインの階段、もう一つは裏方用の階段となっています。
建物は1951年に新築されてから1961年に坂倉氏の設計により増築、その後もみかんぐみによる
改修などにより手を入れながら大切に使われているのが嬉しいです。
ちなみにここにあるレストランはすごくおいしいみたいなので今度行くときは食べよう思います。 '09.11.8



web拍手

Homeへ

Architectureのページへ










































































inserted by FC2 system