志摩観光ホテル
村野藤吾/村野・森建築事務所 三重県志摩市
Shima Kanko Hotel
Togo Murano/Murano and Mori Associated Architects/Mie


 

 



伊勢志摩国立公園内の中心である賢島につくられた観光開発の先駆けとなったホテルである。
1951年に東館が建築され、1960年に西館、1969年に本館、そして1983年に宴会場が
増築されていて、それらの全ての建物が村野氏の設計によるものです。
最も古い東館は木造で、鈴鹿にあった海軍将校クラブの木材が転用されているそうです。
その後の増築は東館の設計思想が引き継がれており、各層に設けられた庇が水平性を強調し、
三段階に雁行するプランの本館は賢島の景観の一部となった感じさえありました。
内部は、螺旋階段や喫茶室の天井の竹、照明のデザインなど村野テイストが溢れていて
すばらしい空間をつくりだしていました。
びっくりしたのですが、2007年1月31日で東館と西館が閉館してしまったそうです。
元々は全て取り壊す予定だったそうですが、東館は保存する方向に変更してくれたみたいです。
まあ一部保存は嬉しいのですが、西館は取り壊されてしまうんですよね。。 '07.2.14



web拍手

Homeへ

Architectureのページへ


























































































inserted by FC2 system