姫路市中央保健センター
黒川紀章建築都市設計事務所 兵庫県姫路市
 





分散していた保健所を集中化し、より細やかなサービスを提供するとともに、
リハビリやデイサービス等の機能を加えた健康・福祉の拠点施設である。
自然石を打ち込んだPC版の外壁が特徴的である。この手法は愛媛県総合科学博物館でもみられた。
そして円錐形のガラス空間が建物を貫いていることも大きな特徴です。
このガラス空間の下に行くと気持ちのいいソファが置いてあって気持ちよくくつろげます。 '01.11.19

Homeへ

Architectureのページへ


























































inserted by FC2 system