川崎市市民ミュージアム
菊竹清訓建築設計事務所 神奈川県川崎市
Kawasaki City Museum
Kiyonori Kikutake/Kikutake Architects/Kanagawa


 



等々力緑地内につくられた美術館である。
緑地内にあるだけあって緑に囲まれた良好な環境のなかに建っています。
吹き抜けの大空間のホールを囲むように展示施設などが配置されており、
ホールはガラスのカーテンウォールによって明るい空間となっています。
外壁はアールを多用しており、仕上のタイルも落ち着いた色調となっているのに
どうもロボット建築のように見えてしまうのはなぜかと思って見学していると、
塔屋とチタン屋根のドームという建物本体に加えて、前庭に「トーマス転炉」という
近代産業遺産がモニュメントとして置かれているからだと気付きました。 '13.2.12



web拍手 by FC2

Homeへ

Architectureのページへ





































































inserted by FC2 system