愛・地球博 グローバル・ループ
菊竹清訓建築設計事務所 愛知県長久手町
 





万博会場内を移動するための空中歩廊であり、グローバルコモンや企業パビリオンなどを
結びつけている1周2.6kmのループである。
会場は起伏のある土地なので、造成を行うことなく平坦な通路を歩くことができるように
空中歩廊が考えられています。
構造体である柱は脚部を花束のようにいくつかの柱をまとめた形で支持しています。
通路を持ち上げて平坦にするというアイデアは見た目も軽やかですごく良かったと思うんですが、
夏場にここを歩いていると日を遮るものがほとんどなくて暑くてたまらなかったです。
端部にはちょっとしたベンチと日除けがあったんですが、日除けが小さすぎて
あまり役には立ってませんでした。 '05.8.6

Homeへ

Architectureのページへ






























































inserted by FC2 system