望遠鏡
石山修武 愛知県田原市
Telescope
Osamu Ishiyama/Aichi








渥美半島にある田原市につくられたコルゲートによるセルフビルド建築である。
この建物から2年後に名作「幻庵」がつくられたことから、
川合健二邸」を見た石山氏が「望遠鏡」を経て「幻庵」へと進んだ流れが想像できます。
直径5.8m、長さ25mのコルゲートがぼてっと置かれてあり、その長さにびっくりします。
そして、「幻庵」のファサードは愛嬌を感じる優しいものになっていますが、
この建物はむしろ不気味さを感じずにはいられないものがありました。
開口部は側面に設けられた窓といくつかのトップライトのみなので、
中央部はかなり暗いと思われます。
元々はショールームのような使われ方をしていたみたいで、その後事務所(?)に転用された
ようですが、僕が見学に行ったときは放置されている状態でした。。
ただ、石山氏のコルゲート建築として現存するのは「幻庵」「開拓者の家」ぐらいだと
思っていたのに他にもあったことが驚きでもあり嬉しくもありました。 '05.6.11


web拍手 by FC2


Homeへ

Architectureのページへ



















































































inserted by FC2 system