呉羽中学校
吉阪隆正/U研究室 富山県富山市
 



 

市の取り壊し決定に対し保存運動が展開されている中学校である。
数少ない吉阪建築の一つであり、僕も保存されることを望んでいます。
3つのY字型の普通教室棟と「くの字型」の特別教室棟と管理棟が
外部空間であるベランダによってひょうたん型の中庭を囲むように接続されています。
そのためベランダに立つと中庭や教室全てが見渡せるという開放的な空間になっています。
普通教室棟は中央に三角形のホールをつくりその各辺に教室が張り付く形になっています。
富山といえば豪雪地帯であるため、冬場はベランダに雪が積もってしまい、
生徒が雪かきをしなくちゃならないそうです。
建替えをすれば雪かきをする必要もなくなり、教室もきれいになるといえばそうですが、
素晴らしい建築を後年に残すことも大切じゃないでしょうか。
公共建築は特にそうあって欲しいと願います。財政が苦しいのは分からないでもないですが。。
 '05.6.18
(追記)
改築されて全く残っていないようです。 いいださんから情報をいただきました。 '09.8.27


Homeへ

Architectureのページへ





































































inserted by FC2 system